FC2ブログ

プロテニスプレーヤー高畑寿弥『ultra☆soul』

プロテニスプレーヤー高畑寿弥の日々です

マレーシアWTAは、ダブルス1回戦で26.16でした。
今年は昨年のランキングカット半分以上高いカットとなり、それでもチャレンジすることが出来ました。

チャンスを掴んだにもかかわらずモノにする事が出来ませんでした。

今回はコーチを帯同して遠征出来たので、技術の部分はしっかりとやる事が決まっています。

また、体の部分も…


1番大事な心。これは、特に自分でもう一度考える必要があると思います。

負けて内容も悪ければ、全てがダメに感じてしまいがちですが、この冬の間取り組んで来たことは、どんな状況でもちゃんと出せるようになっているなと思います。

24時間フルに使って目標、目的を果たす為に正直に精進していくのみです。



さて、ブログの題名にありますultra soul。

直訳は極端な、または、過激な魂


ですが、「不屈の魂」っていうような意味でこのタイトルにしています。


B'zさんの楽曲、ultra soulは、今でも良く聞きますがプロになる事を決めた時にこの曲を改めて聞いてプロとしてこのような生き方をしたいと思いました。

恐らく、プロになれば色々な事があるだろう…楽しいことも苦しいことももちろん悔しさも喜びも。

だけど、何があっても自分の魂だけはぶれずにいたい、ブログの題名はultra soulにしよう!と決心し行動したのを覚えています。






この不屈の魂を持ち続けれたら

目の前でコロコロ変わる状況や状態にも左右されない前向きなメンタルでいれると思います。


歌詞にある、

分かっているのに
想いは揺らぐ

結末ばかりに気を取られ
この瞬間を楽しめない



でも自分の道を歩いていけるのは自分しかいないから、決めた事を全力で頑張りたいです。


スポンサーサイト
13.14と日本リーグ決勝トーナメントが行われました。





私の所属先であります橋本総業は優勝に向け、3度目のチャレンジでした。

準優勝 テニスユニバースさんに3-0
決勝 島津製作所さんに0-3


3年連続準優勝でした。


今大会はキャプテンとして迎えたはじめての大会でした。

まずチームを優勝に導けなくて責任を感じています。

今大会有難いことがたくさんありました。

GSチャレンジ財団の皆様が、会場に駆けつけて下さり、

神戸では社員の方が会場の椅子が足りないぐらい駆けつけて下さりました。
また橋本総業様の取引先様、お客様、メーカー様も会場に足を運んで下さり橋本総業のビジョンであります、三位一体で力強い応援をしていただけました。
何と言っても、決勝トーナメントでは、大きい応援のプラカードを作って、完璧な応援を最後の最後までかけていただきました。
戦っていて力をいただけましたし、苦しい時も踏ん張ることが出来ました。
皆さんお仕事でお忙しい中、応援の練習までしていただきました。

負けてしまったあとも皆さんに温かいお言葉をかけていただき、言葉になりませんでした。



チームメイトの
久見選手
瀬間選手
山外選手
鮎川選手
二宮選手

たくさん助けてもらいました。
みんなのおかげで良い時間を過ごせました。

コーチの
杉山さん

サポートしてくれた
綿貫選手

藤井監督

いつも私達選手のことを考えて下さり、時には厳しいことも言って下さいました。


そして

橋本社長

ファーストステージから試合を見に来てくださり、全試合とも本当に真剣に見て下さいました。

私達アスリートにとって試合を見に来ていただくことは何より光栄なことであると思います。

見る人が居なければ、プロスポーツは存在できないわけですから…


だからこそ、自身の不甲斐なさに腹が立ちますし、甘かった自分を突きつけられた気がします。




まだまだたくさんある遣るべきことを受け止めてまた進んでいこうと思います。

大寒波の後も寒い日が続いていますね。


先日、スポンサー様であるPINKION様に年始のご挨拶に京都に行って来ました‼︎





その帰りに毎年行っている神社にお参りに行き、帰りはゆっくり時間をかけて歩きながら自分の時間を持つことが出来ました‼︎


鴨川を歩いたりしながらゆっくりと色々な事を考えて見ました。

深呼吸をして日頃の反省とやるべきことを確認したらスッキリとした気分になりました。


題名の言葉は禅の言葉です。


花々は己の図らいや感情に左右されずただひたすらに花を咲かすという意味です。



何かを成し遂げるには、それだけのプレッシャーやリスクはあるけど、自分のやるべきことを夢中でやることが大切だと思います‼︎

そんな気持ちで日々を過ごしたいです。