FC2ブログ

プロテニスプレーヤー高畑寿弥『ultra☆soul』

プロテニスプレーヤー高畑寿弥の日々です

こちらは夜の8時半です!


無事にトルコに到着しました!

一人での移動で初めての場所だったので、不安でしたが看板と勘を頼りにいけました笑

会場は海の近くでジムやプールも完備しています!


しっかり頑張りたいと思います。

スポンサーサイト
飯田さま
日本リーグではありがとうございました!
温かいお手紙や今回のコメント、本当に励みになりました。
チョコレートも大変美味しかったです(*^^*)
チームを応援してくださったかたに、このような言葉をかけていただいたことはプロとして喜ばしいです。
今後も目標に向かい邁進していきます。

よろしくお願い致します。
連日の応援、ありがとうございました(*^^*)
橋本総業は準優勝でした!

たくさんの応援をありがとうございました!!

素晴らしいサポートをしていただき、そんな中で活動ができたことに感謝しています。

一昨年の12月、タイ合宿からチームがスタートして日本リーグ決勝まで色んな事がありながらも、試合をするにつれまとまっていきました!

笑顔が絶えないチームでした!

自分自身、ファーストステージでかかった試合を負けてしまい、出場メンバーから外されました。

本当に悔しかったし、信頼してもらったのに応えられず申し訳なかったです。

でも他にもチームの為にできることがあると思い、必死でしてきました。
この経験は勉強になりました!

と同時にまだまだ自分の力が足りないと痛感しました!

今回の経験で得た悔しさを糧にして、26からの遠征を全力でチャレンジしたいです!






最後にたくさんの応援をありがとうございました(*^^*)
いよいよ決勝トーナメントです!

チームの皆で最後の合同練習を行っています。

たくさんのスタッフの方と支援者の方、チームメイトに囲まれている自分は幸福者です。

団体戦は個人戦とは違い、一本の重みやチーム力が大きく作用します。

なにより共通の目標に向かい一人一人が頑張る事が特徴です。

そんな貴重な体験を中、高、大、プロと経験できていることは自分の財産です。

団体戦を経験して毎回思うのは、周りの支えがあって自分がいること、自分も人の為にできることがたくさんあることです。

このチームにいることを嬉しく思います。

最後まで自分のできることをやりきりたいです。

話は変わりますが、この記事の内容にちなんだお話をひとつ。

ソチオリンピックの話です。

カナダのスピードスケートの選手が予選会で転倒して代表を逃した選手に出場を譲り、結果譲られた選手は銀メダルを獲得しました。

「カナダがメダルを獲得するには僕より君が出た方がいい」

そう言ったそうです。

そしてメダルを獲得したとき、二人で涙を浮かべ抱き合ったそうです。

メダルを獲得した選手は「彼にメダルを半分あげたい。彼がいなかったらこの結果はなかったのだから」

と言っています。

スポーツ競技の最高峰でるオリンピック。

出るだけでものすごい価値があると思います。

そんな誰もが憧れる舞台への切符を国の為に他人に譲った。

もちろん、そこに行くまでに、たくさんの努力、時間を費やしてきたと思います。

このような行動をどう思いますか?
皆さんが同じ立場ならどうしますか?


人それぞれだと思いますが、私は真のスポーツマンシップを持っていると思います。


頭ではわかっていてもいざその時になると誰もができる行動ではないと思います。


今回のカナダの選手がとった行動がいいとはいいませんが、スポーツマンシップを持ったアスリートになっていきたいと思いました。



応援よろしくお願いします!
2月が始まりましたね。

私は日本リーグセカンドステージが決まり、大阪へ帰ってきて練習をしています。

ファイナルステージ、その後のトーナメントシーズンに向け基本を確実にやりこんでいます。

分からないとか、自分が感じた事は確認して1つずつ理解していきながら取り組めています。

前にご紹介した、帰れまてん も実は毎日行っています!笑

トレーニングも2日間、筋肉痛でまともに歩けなくなるぐらいのハードなものを行えています。

充実したワークができています。


これも、周囲の理解と協力があってこそ。
それを忘れずにパワーに変えてファイトしたいと思います。




日本リーグセカンドステージの時のです